解決事例
解決事例のご紹介

異議申し立てにより、後遺障害等級12級から9級へ。約1250万円の増額に成功

愛知県在住 男性 (40代)

受傷部位 顔(左頬骨骨折、顔面挫創)
等級 12級から異議申立を行い9級
解決金額

1730万円

約1250万円UP

保険会社提示金額
約480万円

事故の概要

争点は、後遺障害の等級、慰謝料額、逸失利益。
12級の後遺障害の認定後、異議申立前段階から受任し、12級から9級に変更。
9級を前提に慰謝料については裁判基準に近い賠償額で合意。
また、逸失利益について、保険会社から、外貌醜状は労働能力の低下に影響しない旨の主張がありましたが、交渉の結果、一定程度の労働能力の低下を認めることで合意し、逸失利益増額に成功。

ご相談者様のご要望

この事例の争点

解決内容

ポイント